少々“高い”と感じても、納得のいく道具を。

キッチン

ブログへの訪問ありがとうございます。岡山のインテリアコーディネーターのatelier hygge (アトリエヒュッゲ)です。

新年早々、ちょっと奮発して、前から欲しかった、「ラバーゼ」の鉄揚げ鍋を購入しました。

ラバーゼ 揚げ鍋

今まで揚げ物ってあまり作らなかったのですが、こちらの鍋は、揚げ物料理のわずらわしさを解消してくれます。

ラバーゼ 揚げ鍋
(左下は付属品ではありません^^;)

鉄製だけれどそこまで重くない鍋本体に、網かごと、油はねを防いでくれる、メッシュの把手付フタがセットになっています。揚げ物料理でいちばんやっかいな油はねに悩まされなくてすみます!

特徴的な鍋の把手には、揚げかごが引っ掛けれるようになっていて、唐揚げなどの2度揚げも簡単にできます。

大きさもちょうど良く、鍋底が狭くなっているので、油の量も抑えられます。

お値段は決して安くなく、値段も半分以下の物等、色々な商品と比較していました。でも、自分の中で「揚げ物をもっと料理したいけれど、ここが引っかかっている」という悩みを全てクリアしてくれそうなのが、この商品だったのです。

試しに他の安いものを買っておいて、懐に余裕のある時に買おう、という事もできるけど、そうなると結局根本の悩みは解消されないし、せっかくなら楽しく料理したい。

それに、もしその後欲しかったラバーゼを買ったら、前使ってた物は?場所をとるし、かと言って簡単には処分できません。

思っていた通り、この鍋一つで、揚げ物が楽しくなったし、食卓に並ぶ回数もぐんと増えました♩

わたしは決して料理が上手でも得意でもないのです。でも、毎日家族の口に入るものを作る事に関して、気を遣っています。

もちろん忙しくて万事完璧にとはいかないけれど、お気に入りの道具があると、モチベーションが上がるというか^^そしてそれが手に馴染んで来るころには愛着も湧いています。

そんな道具が一つ一つ増えていくのも楽しみです。

同じ事がインテリアにも言える、と思っています。

自分の部屋でもなんとなく寛げなかったり、ごちゃごちゃして気になったり。

センスがないからおしゃれなインテリアとは程遠いわ。インテリアってなんか苦手だわ、と思って過ごしていませんか?

自分を喜ばせてあげるために、周りの環境から整える、というのも大事ですよ♩それは、口に入るものと一緒で、どんな空間に身を置くかで、毎日の気分やモチベーションだって変わってくると思いませんか?

2021年は思い切って、自分の納得のいくインテリアを、一緒に考えてみませんか??

インテリアブログランキングへ参加しています。クリック頂くと励みになります^^

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

関連記事

  1. フィンランドデザイン展に行ってきました。
  2. 空間と心理学
  3. 北欧式の整理収納とは??
  4. 食べ物が自分のからだになるように
  5. 模様替えのハードルを下げてhyggeを身近に。
  6. ひとひらの「本物」を取り入れる贅沢
  7. エシカルについて考える
  8. 2020年を振り返り、あたらしい年を楽しみに。
\無料メルマガ/北欧に学ぶ“hygge(ヒュッゲ)”なインテリアの選び方

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP