あなたの“hygge”は何ですか?

“hygge(ヒュッゲ)”とはデンマーク語で、「幸福な時間」「居心地の良い空間」を意味します。幸福な時間や居心地の良い空間は、一人一人違うので、様々です。例えば、小さな子供だったら、押入の中に作った秘密基地が居心地の良い空間かもしれないですし、大人になって、本を読んだり、何か趣味に没頭できる場所もそうかもしれません。家族みんなが集まって囲う食卓が、幸福で、hyggeな時間だったり、お風呂や書斎など、自分だけの空間で物思いにふけるのが、hyggeだったりもします。

慌ただしく過ぎていく日常の中で、少しでも、あるいはずっとでも、hyggeだな、と感じることができたら、心がほどけていくような、あたたかい気持ちになるのかな、と思います。

そんな暮らし、空間をつくるお手伝いができたら。

「空間」を作ることは、目に見えないものを形にしていくこと。新築でもリフォームでも、インテリアでもエクステリアでもそうです。今でこそ、たくさんの情報がいつでも気軽に手に入れられるようになりましたが、それでは返って迷ってしまうし、それが本当に自分に合っているか、分かりにくいと思います。洋服のように、気に入らなければ簡単に着替えることはできないのがインテリア。せっかくお金をかけるのなら、誰かプロに相談したくなりませんか?

今までハウスメーカー、工務店でインテリアコーディネーターをしてきました。何社か所属するうちに、本当にお客様の望むことをくみ取っても、それが提案できないジレンマがありました。企業の体質だったり、工期だったり、設計者の考え方で、操作されてしまう。果たしてお客様にとって一番良い選択とは何だろう、と、ずっと考えてきました。女性であり、プロであり、主婦経験もあるわたしの経験を生かして、“hygge”な暮らしを叶えるお手伝いができたら、と考えます。

建築業社でも施工業者でもない、第三者である、インテリアコーディネーターに相談をしてみませんか?