わたしの“hygge ”その1。

アトリエ ヒュッゲのインテリアコーディネーター長田沙矢香です。

久々のブログです。。ここのところ遠方での仕事が多く、バタバタしていました。家に帰っても、「なんとか1日やりきった!明日は・・・。」と考えてしまい、あれもしなきゃ、これもしなきゃ、と頭は休まりません。ブログも書きたいな、と思っていたら、ふと、「あれ?わたしのヒュッゲって、何かな?」と自分の屋号を思い出す。自分のお仕事の核心のはずなのに!自分自身がヒュッゲな時間を楽しめていなかったら説得力ないな、と^^;かと言って、お仕事のためにヒュッゲな時間を取るのはなんだか違う。ごく自然に、リラックスしている時って、いつかな、と、考えるのもなんだか心が休まる気がします。

たくさんあるけど、まず思い浮かんだのは飼い猫との時間。 

「〇〇というカフェでオーガニックな食事をすること」とか、コーディネーターだったら言うのかな? でも一人で お店で食事をすると緊張するので、私にとってはhyggeではない。。

左:むぎ。三男。右:こうめ。長女。
 左 :ごま。次女。と、成長したむぎ。
左:4男、ゆず。

こうめちゃんを里親さんにもらい、捨て猫だったごまちゃんを保護し、むぎちゃんを里親さんからもらい、庭で怪我してたゆずちゃんを保護。毎年1匹ずつ増えています。みんな個性があっておもしろいし、飽きないです^^たぶん猫について一晩中語れます。

もちろんインテリアも猫仕様なところがたくさん。ゆず以外は完全室内飼いなので、キャットウォークやトイレ置き場、餌の収納など、動線にこだわりました♪もちろん素材も。猫ちゃんの爪とぎや滑りにくい工夫、吐いたり粗相してもお掃除しやすかったり、臭いも切っても切れない問題ですよね。さすがに4匹いると色んなパターンが見えてきました!この工夫はまたの回で。

とにかく、猫とくっついてお昼寝してる時間がこの上ない幸せなのです♪休んだなー、癒されたなー、と、心もほっこりしちゃいます^^

関連記事

  1. コロナが落ち着いたらしたいこと、行きたい場所。
  2. 空間と心理学
  3. エシカルについて考える
  4. 何を基準に選ぶ?北欧デザイン
  5. #ステイホーム。変わるインテリアの価値観。今こそHYGGEを。

メールマガジン登録フォーム

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

↑フォロー↑

PAGE TOP