リフォームフェア

4月のことですが、コンベックス岡山で行われる、山陽新聞「住まいのリフォームフェア」に、岡山インテリアコーディネーター協会の相談員として、参加してきました。インテリアコーディネートの相談なので、何かディスプレイして見せたい!ということで、ブースのデザインを担当しました^^

予算が限られる中で、主に会員になって頂いている企業様にサンプルを提供頂いたり、他のICさんに相談に乗って頂いたり、取付、施工にご協力頂きました。

会場のサイズを聞いて簡単に平面図を書き、レイアウトを考えました。着彩もして、クロスの品番を指定。今年のトレンドカラーである、淡めの「コーラルピンク」を取り入れました。

ウッドブラインドを“窓”と見立て、装飾カーテンレールとドレープ生地、レース生地を吊るしました。ふさかけに装飾タッセルも。全て、メーカーさんのご厚意により、お貸出し頂いたサンプルです。

照明器具もサンプル品。ライティングダクトは、知り合いの電気工事屋さんにカットと細工をしてもらい、プラグを差して通電するようにしました。やはり明かりが灯ると、雰囲気全然違いますね!

壁に取付はOICの会員さんにしてもらいました。自分でもできるように、ホームセンターの電動工具教室に行きましたが、私にはまだまだ練習が必要で、断念。森泉を目指したい!!

アートが得意な会員さんに、こんなにかわいい看板を作って頂きました!受付テーブルも、カーテン生地でテーブルクロスをして、セッティング完了です!素敵なブースにし上がりました☆

ちゃっかり私も写ってる(汗)Yチェアとサイドテーブルで、ちょっとした「コージーコーナー」を演出してみました!

コージーコーナーとは、“個人の居場所”。コージーとは「心地よい」という意味。ラウンジチェアに、照明、テーブル。そしてひざ掛けやクッションを組み合わせてつくるスペースです。ソファが家族のためのリビングだとしたら、コージーコーナーは、個人のスペースといえます。
 疲れて帰ってきて、自分の居場所があるという幸せ。
 日本では、ラウンジチェアはまだ少数派ですが、コージーコーナーという形で取り入れることができれば、「過ごす場所」はもっと快適になるはずです。北欧家具には、ラウンジチェアの名作が数多くあります。カール・ハンセン&サンの提案は、これからのリビングのあり方を変えるかもしれません。

(モダンリビング・パプリッシャー/下田結花)

OICのブースだけど、「アトリエ ヒュッゲ」らしい、インテリアコーディネートも提案しちゃいました^^リフォームフェアの2日間、たくさんのお客様が足を止めて見てくださいました♪インテリアコーディネーターって、なかなかふだん接点を持つことが少ないと思いますが、このような機会をきっかけに、どんな事ができるか、知って頂けたらと思いました^^♪

関連記事

  1. 令和3年 新年のご挨拶
  2. 模様替えのハードルを下げてhyggeを身近に。
  3. 間取りを考える前に
  4. 植物でヒュッゲに。
  5. フィンランドデザイン展に行ってきました。
  6. 簡単に取り入れられる、北欧インテリアメソッド
  7. カーテンにこだわるとお部屋はもっとセンス良くなる
  8. キッチン 少々“高い”と感じても、納得のいく道具を。
\無料メルマガ/北欧に学ぶ“hygge(ヒュッゲ)”なインテリアの選び方

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP