コロナが落ち着いたらしたいこと、行きたい場所。

ブログへの訪問ありがとうございます。atelier hygge(アトリエヒュッゲ)のインテリアコーディネーター、長田沙矢香です。

緊急事態宣言が出されて、どこへ行くにも緊張感が伴うようになってしまいました。田舎に住む両親にも会いに行けれない。オリンピックを始め、様々なイベントが中止になっていきます。わたしは特に趣味で楽器演奏もしているので、コンサート等が中止になったり、プロの演奏家のみなさんが心配です。

でも、きっと止まない雨はないというか、明けない夜はないというか。(何かの歌詞ですね。。)気が早いけど、2020年の大晦日には、「コロナがあったけれど、○○○だったねぇ」なんて、(○○○は思い浮かばないけれど、きっと良い言葉!)と振り返れたらいいな、と思っています。

下を向いていても始まらない!思い立ったら行動派の私。インテリアのトレンドや最新情報に関しては、常にインプットしておきたい!コロナが収束したら行ってみたいところを並べてみました^^

神戸のオリジナル照明メーカー 「flame(フレイム )」に行ってみたい。

出典:flame

今、すごく気になる照明メーカー。北欧の灯かりにインスパイアされたデザイン。少しインダストリアルな雰囲気もありつつ、やわらかいデザインで、暮らしを優しくてらしてくれそう。

出典:flame

特に、大好きなmina perhonenの生地を使ったシェードは、どこかノスタルジックで、心ときめきます!

オレンジ色の光やキャンドルの灯は、無意識にほっこり、リラックスさせてくれるもの。ヒュッゲなひと時には欠かせません。自粛に疲れたら、キャンドルの明かりだけでお風呂に入ったりして、癒されています。

倉敷の竹を使った家具メーカー、「TEORI(テオリ)」を訪れたい。

出典:TEORI

岡山県のメーカーですが、近場だからと、まだ行ったことがありません。特に素敵でお客様にもよくおすすめしているのが、壁掛けミラーZEROです。

出典:TEORI

竹集成材の曲げ特製を生かしたミラー。シンプルな中に、柔らかさと力強さを感じます。造作洗面台に合わせたり、玄関やリビングにアートのように飾っても映えますし、飽きもこない。どんなインテリアでもマッチします。

オンラインで打ち合わせやセミナー受講をする機会が増えて嬉しいのですが、やはり実物を目で見て体感する事って、今まで普通にできていたけれど、とっても大切な事でした。そしてそれをきちんとアウトプットすること。自分の引き出しを増やして常に最新にして、お客様の要望とマッチさせる。

自粛がとけたら、もっと貪欲に「経験」することを大事にしたいです。

関連記事

  1. 空間と心理学
  2. #ステイホーム。変わるインテリアの価値観。今こそHYGGEを。
  3. エシカルについて考える
  4. 神戸でパリと北欧のセミナーを受けてきました
  5. 何を基準に選ぶ?北欧デザイン
  6. ひとひらの「本物」を取り入れる贅沢
  7. わたしの“hygge ”その1。

メールマガジン登録フォーム

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

PAGE TOP