カーテン新調のコーディネート

カーテン施工例

ブログへの訪問ありがとうございます。岡山・倉敷のインテリアコーディネーター atelier hygge(アトリエヒュッゲ)です。

先日、赤磐市にお住まいのM様より、ご自宅のカーテンを新調したいので、

コーディネートしてほしい、というご依頼をいただきました。

カーテンを買い替える時、カーテン専門店やショールームにふらっと行ってみるのも一つですが、

インテリアコーディネーターにお願いする、という手段もあるんです。

M様はお家に住まわれているので、そういうケースの場合は、まずご自宅にお伺いするようにしています。

いきなりショールームに一緒に行くのではなく、ありのままのお住まいを見せて頂くことで、

お部屋の床やドアの色味、インテリアのお好みや暮らし方が分かります。

その方が、カーテン一つにしても、今現状はこういう生地で、雰囲気は気に入っているけれど

もう少し明るい色が良い、とか、インテリア全体をこうしたいけれど

どのカーテンを選べばいいか分からない、という悩みが、ダイレクトにわかるのです。

もちろん、採寸のためにいくという目的もありますが。

それをしないでいきなりカーテンを見に行っても、ベストな選択はきっと難しいと思うのです。

さて。M様のご自宅のカーテンは、この様になりました。

まず、beforeはこちら。

きれいなイエローグリーンのカーテンをお使いでしたが、シェードが故障してしまい、買い替えることに。

丁寧にお使いでしたが、実はご新築の時、なんど20年前にご購入されたものだそうです。

とても丁寧に扱われている様子なので、そんなに前のものだと思いませんでした。

そしてAfterがこちらです。

カーテン施工例
カーテン施工例

ご夫婦が選ばれたのは、大胆なリーフ柄の生地。

ナチュラルな雰囲気のお部屋にアクセントになります。

そのままでも素敵でしたが、ご提案で、「パッチワークスタイル」にすることに。

カーテンはトップに、シェードは両再度に、別の無地グリーンの生地を縫い合わせるスタイルです。

リーフ柄はブルーやイエロー、グリーンなど色々な色が入っていますが、若干ブルーの割合が多いため、

M様が思われているより、若干くすんだ印象になるのでは、と思い、

差し色でグリーンを入れる提案をしました。

それがとてもかわいく仕上がり、特に夜カーテンを閉めた時のリビングが明るくなった!と、

とても喜んで頂けました(^^)♪

細かいけれど、タッセルにも縁取りでグリーンのトリムを。

カーテン施工

カーテンってドレープ、レースそれぞれの生地を選んで、1.5倍ヒダか2倍ヒダかを選んでいく流れで決める事が多いですが、

こうしてご自宅に伺うことで、もっとこうしたらより素敵になるんじゃないか、というひらめきがあるので、

よりオリジナルな空間にコーディネートすることができます。

こういう小技を効かせるのも好きです。

他、玄関のシェードやお手洗いのロールスクリーン も施工させていただきました。

カーテン施工例

カーテン施工例

カーテンを変えただけで、こんなに雰囲気が変わるとは、正直思っていなかった。

と、M様。

とても喜んで頂けて、こちらも本当に嬉しいです。

おすすめ記事

  1. とりあえずインテリアからの卒業を応援したい理由

関連記事

  1. 新年明けましておめでとうございます
  2. わたしの“hygge ”その1。
  3. 新しいソファをお迎えしました。
  4. 食べ物が自分のからだになるように
  5. コロナが落ち着いたらしたいこと、行きたい場所。
  6. サロン改修工事の現場
  7. お仕事もこなせるメリハリほっこりインテリア
  8. フィンランドデザイン展に行ってきました。

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP