サロン改修工事の現場

ブログへの訪問ありがとうございます。岡山・倉敷のインテリアコーディネーター、atelier hygge(アトリエヒュッゲ)です。

今日から、岡山市大元上町で、サロンの改装工事がスタート!

デザインから施工までさせて頂いています。

フェイシャルエステと、歯のホワイトニングのサロン。ホワイトニングは男性の方も施術できます😊

今日は新たに間仕切り壁を起こす作業。限られたスペースを有効に生かすため、通常の木造建築の壁の約半分の厚さで作っていきます。

写真はニッチを作ってもらっているところ。

ホワイトニングの施術しながら、販売しているデンタルグッズを紹介するためです。

パーテーションで仕切ることも考えましたが、男女どちらも施術するため、個室にきちんと“閉塞感”が出るように壁にしました。

クロスなどでデザインを自由にできるのもいいですね。

上に石膏ボードを貼ったら、パテで継ぎ目を補修していきます。

ここが綺麗にできていないと、上から貼ったクロスが凸凹してしまう為、重要な作業です。

その間にわたしは竪枠を買うために新人の若い子とコーナンプロへ。クロスの柄を見て職人さんがあった方が納まりが良いとの事で。現場で見ないと分からないことです(汗)

軽ワゴンに3mの窓枠を乗せて帰ってきました!w

そんなちょっとしたトラブルは付きものです〜!(あまりあって欲しくないけどw)

全部パテして1日目はおしまい。

2日目はクロスを貼っていきます。

ニッチのところもカウンターを付けてから貼ってもらいます。ティファニーブルーを彷彿とさせる鮮やかカラー。下の部分は違うクロスを貼ります。

職人さんをうならせた(困ったう〜んと、う〜んいいね!の両方)このクロス。ニュースペーパー柄です。

完成形はこちら★

輸入クロスで、リピート(柄合わせ)が難しかったのですが、敢えて柄を合わせず貼る事できれいに仕上がりました。ランダムさが良い感じです。

既存のシャビーシックなカウンターと相性バツグンでした♪

3日目はカーテン取付工事。

フェイシャルの施術ブースはカーテンで仕切る為、天井につけるレールの位置を出していきます。

レールは壁壁で持たせて、V字のアングルを天井から吊るし、天井と隙間を作る事で、空調の効きを損なわないようにします。

レールもカーテンも綺麗に付きました!!

ちなみにビフォーの様子がこちら。

テラコッタの塩ビタイルとグレーの天井がちぐはぐな感じでしたが、すでに購入されていたカウンターやソファに雰囲気を合わせていきました。

全体的に暗くて「事務所」の印象が、華やかに変わりました♪

ブースも2つ出来たので、同時に2組施術ができ、回転数を上げられます。

インテリアもおしゃれになり、初めて来たお客様にも好評のようで、とても嬉しく思います!

工事期間は3日間。すでに営業されていたので、お休みがなるべく少なくなるように配慮しましたが、仕上がりを考えるとどうしてもこのくらいは必要です。(店舗の規模にもよりますが)

オーナーは初めは自分たちでカウンターなどを置けば何とかなると思っていたそうですが、まとまりがなくなったところご依頼を頂きました。初めから頼めば良かった、ともおっしゃっていました。

サロンのイメージは大事です。お店の名前やロゴ、ショップカードなど、ブランディングされると思います。

その時に、実店舗のインテリアデザインも合わせて考えられると、統一感のあるサロンになります。

インテリアデザインはプロに任せれば、他の開業準備に集中できるメリットもありますよね。

これからサロン開店をご検討の方、ぜひアトリエヒュッゲも候補に入れて頂けると幸いです♪

この記事の施工例はこちら

関連記事

  1. #ステイホーム。変わるインテリアの価値観。今こそHYGGEを。
  2. 自分にとって、「丁寧な暮らし」とは?
  3. フィンランドデザイン展に行ってきました。
  4. 自分らしいカーテンを!
  5. 彩りゆたかな食卓
  6. エシカルについて考える
  7. お仕事もこなせるメリハリほっこりインテリア
  8. 蜜蝋ワックスで床のお手入れ
\無料メルマガ/北欧に学ぶ“hygge(ヒュッゲ)”なインテリアの選び方

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP