インテリアコーディネーターの家

アトリエ ヒュッゲのインテリアコーディネーター長田沙矢香です。

新居は1年前、地元岡山の工務店で建てました。ずっと住宅の仕事をしてきて、いざ、マイホーム!しかも、インテリアコーディネーターの家だぞ!と、意気込みは、実はあまりなく^^; 「お金」は無限にあるわけじゃないし、仕事柄、“これをすると金額上がるぞ。”というのは分かっていたので、優先順位を決めました♪

竣工時の我家。シンプルだから、外構がまだだととても殺風景に見える…。

決め方のネックは、「建築時じゃないと出来ない事」です。例えば、窓を追加したい!とか、断熱工事だったり、完成後見えなくなる部分は、後でなかなかできません。また、金額が大きい部分も、ローンに入れた方が良いし、あとでまとまったお金を手持ちから出すか、というと、けっこうムズカシイ…。

私の場合は、キッチンはフラットにしたいから金額高くなるな、それなら食器棚は当分手持ちのを使って、壁補強をしてもらえば、後から造作できるな。とか、テレビ台、置き家具だとこのくらいするから、大工さんに集成材で作ってもらおう、とか。

こちらも竣工時。カーテンも付いてないし。TVボードは、WOODONE。TVは壁掛けにするので、配線を隠せるように空配管を仕込んでいます。

このあたりのさじ加減て、自分で決めたくても、建てる会社によって考え方が違ったりするのが怖いところ。単価を上げたいから、いろいろ進めて来たり、現場の手を取らせたくなくて、面倒くさかったり。また、打ち合わせの工程も、「今日は外観を決めます」「今日はキッチンですが、ご希望ありますか?」など、小分けの事が多い。キッチンでこれだけかかるなら、外装のこれはもう1ランク下げても良かった、など。「トータル」で希望を聞いてないと、優先順位も思った通りに付けられないですよね。

中には、外装と内装、カーテンまで、担当者がどんどん変わって行くことも…。それってちゃんと、こだわりやインテリアのイメージ、きちんと伝わってるのかな?

そういう時、インテリアコーディネーターを使う方法も、ありますよ♪

大まかな枠組みが決まったら、インテリアコーディネーターに相談。本当に自分たちの希望が入っているか?こんなインテリアにしたい。動線や収納は、自分たちのライフスタイルに合っているか?など。そしてインテリアの味付け。カーテン、家具、小物のチョイスまで。住まい手のライフスタイルに寄り添ってご提案致します!たとえば、小さなお子様、ペット、一人暮らし、というスタイルに、お友達に自慢できるインテリアがいい!とか、それより使い勝手、家事時短がいい!というソフト面も考慮してご提案できます(^^)あまり背伸びしたインテリアも、続かないですしね!

次のブログは、そんな考えで間取りのプランからコーディネートまでした我が家を紹介して行きます♪

おすすめ記事

  1. とりあえずインテリアからの卒業を応援したい理由

関連記事

  1. 自分にとって、「丁寧な暮らし」とは?
  2. カーテン施工例 カーテン新調のコーディネート
  3. 猫のいる家
  4. 神戸でパリと北欧のセミナーを受けてきました
  5. アトリエヒュッゲ 35歳になって変わったインテリアとの付き合い方
  6. 彩りゆたかな食卓
  7. お仕事もこなせるメリハリほっこりインテリア
  8. コロナが落ち着いたらしたいこと、行きたい場所。

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP