猫のいる家

アトリエヒュッゲのインテリアコーディネーター長田沙矢香です。

以前ブログで書いた通り、我が家には4匹の猫がいます(=^ェ^=)お家を建てる前に2匹、建ててから2匹、増えました!3匹は完全室内飼いで1匹は野良歴が長いのでお外に出しています。(まわりは山道で車通りも少ないです。)

なので、お家の計画をするとき、どこにトイレを置いて、どこでご飯をあげて、餌はどこに収納するかや、キャットウォークも取り入れたくて考えました。また、床の素材、壁紙、カーテンについても、どんなものが良いか、インテリアの知識と猫の知識を掛け合わせて考えました^^建ててからこんなに増えると思っていなかったので、もっとこうしたかった、というのはありますが、まとめてみました☆

良かったものその1:消臭クロス

メインで使っているクロスは、サンゲツの消臭タイプから選びました。建ててまだ2年目。来客者からは、あまり猫のにおいはしないと言われます、さすがに用を足した後は臭うので、換気は必須ですが。クロスに機能性はあまり期待しない派なのですが、これは良かったです。効果が薄れてくるので、その時は家電に頼ろうと思います。爪研ぎに関してうちの子は爪研ぎポールでしかしないので、表面強化タイプは選びませんでした。爪研ぎたくさん置く作戦、効果ありました。

良かったものその2:無垢の床

1階だけ、プレイリーホームズの無垢フローリングにしました。樹種はバーチでオイル塗装です。猫ってめっちゃかけっこしますし、絶対傷も付きます。無垢の床なら、木本来の色なので、多少のひっかき傷は目立ちません。また、オイル塗装なので多少摩擦があり滑りにくい気がします。気になる箇所はサンドペーパーとオイルを塗れば自分でメンテナンスできるのも良いと思います。

良かったものその3:王道だけど、キャットウォーク。使ってくれるかどうかの不安はあったけど、高い所で昼寝したり、階段のキャットウォークで待っててくれたりします。奥行が違うものをを何種類か設置しましたが、使ってくれるところと、そうではないところがあります。また別ブログで詳しく載せますね♪

あとは間取り的なところですかね。我が家は坪数に余裕がないので、猫ちゃん部屋は作れませんでしたが。(そもそも必要性は感じてなかった)入って欲しくないところはきちんと隔離するとか。特にキッチン。アパートの時も対面キッチンでしたが、手元が隠れるタイプでした。なので、「キッチンに乗っちゃだめ!」と、しつけがしやすかったのですが、今はフラットタイプ。段差がないから、乗っていいかわかりにくいみたいです。使った直後のまだ熱いIHの上を通った時は焦りました・・。

猫の習性を考えて、人間もストレスなく生活できるように。大事な家族ですからね♫これから猫ちゃんとの住まいを考えられる方。新築でも、リフォームでも、一度ご相談ください☆

関連記事

  1. コロナが落ち着いたらしたいこと、行きたい場所。
  2. 『片付けやすい収納の秘密』ワークショップを開催しました
  3. キッチン 少々“高い”と感じても、納得のいく道具を。
  4. 令和3年 新年のご挨拶
  5. ひとひらの「本物」を取り入れる贅沢
  6. エコな白樺のクリスマスツリーをお部屋に。
  7. 簡単に取り入れられる、北欧インテリアメソッド
  8. atelier hygge インテリア モノの為のミニマリストは脱却しよう
\無料メルマガ/北欧に学ぶ“hygge(ヒュッゲ)”なインテリアの選び方

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP