階段の窓につけるカーテンのお話

atelierhygge

ブログへの訪問ありがとうございます。岡山・倉敷のインテリアコーディネーター atelier hygge(アトリエヒュッゲ)の上代沙矢香です。

暑い日が続きますね・・・。

妊婦なのでいつも以上に汗をかきながら、担当したインテリアコーディネートの完成現場に足を運んでいます。

早く涼しくならないかなー。今から秋が待ち遠しくなってしまいます。。

初めておまち堂のかき氷を食べました♪白桃ミルク。桃がみずみずしくて控えめな甘さでおいしかった(^^)

さて、インテリアの納品事例です。

最近わたし的にツボだったのが、こちらのウッドブラインドと照明の組み合わせ。

atelierhygge

つけている場所は、階段のおどり場です。

こういう場所の窓って、窓ガラスを透明ではなく、くもりガラスにしてしまって、カーテン類のコストを抑えることが多いのですが。

atelierhygge

くもりガラスって確かに目隠しにはなるけれど、内側から見た時に少し閉塞感がありますよね。

朝起きて階段を降りる時に、その日の天気が見れたら。

夜、階段を上がる時に月が見えるかも。

でも照明をつけると外から丸見え・・・。そんな時はやっぱり、ウィンドウトリートメントの出番です。

視線は遮りつつ、光を取り入れ、外の様子を見ることができます。

やっぱり外に視線が抜けると、空間に広がりが生まれますね。

また、階段のライトにも注目。

多いのは壁につけるブラケットタイプの照明が多いですよね。もしくはダウンライトとか。

今回はペンダントライトの多灯吊り。気泡の入ったガラスシェードがかわいいし、影もきれい。

これ、ウッドブラインドのルーバーの角度によっては外からも見えますよ。まるでお店みたいな演出!

そしてポイントは、ウッドブラインドのアンティーク加工と、ライトのガラスの相性がバッチリなところ!

また、ライトのコードが黒で細く、吊り元も埋込なのでスッキリと、余計なノイズがないところも。

ウッドブラインドも天井付で、照明と取付高さが揃っているところ。

細部まできれいに納まることで、全体的な見栄えも変わってきます。

(これでコードが長すぎて束ねてあったり、吊り元が引っ掛けシーリング丸見えとかだったら、ごちゃっとした印象になってしまいます。あえてそうするインテリアもありますけどね。)

階段だけでなく、玄関やホールなど、くもりガラスにしてしまう窓も、迷ったら透明ガラスにしてウィンドウトリートメントでカバー&演出する方法。

もちろん場所や外の景色にもよるけれど、

わたしはおすすめです!

なんというか、心にゆとりができる感じがしますよね。

以上、わたし的にツボな階段のインテリアでした!

おすすめ記事

  1. とりあえずインテリアからの卒業を応援したい理由

関連記事

  1. エコな白樺のクリスマスツリーをお部屋に。
  2. 居心地の良さは作っていくもの
  3. 暮らしの工夫を楽しみたい。ヒントになる1冊
  4. クリスマス・スワッグ作り
  5. わたしが北欧インテリアに惹かれるわけ
  6. ひとひらの「本物」を取り入れる贅沢
  7. 簡単に取り入れられる、北欧インテリアメソッド
  8. 『片付けやすい収納の秘密』ワークショップを開催しました

LINEお問い合わせはこちらから

友だち追加

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP